事故車は廃車にする前に買取査定にだしてみよう!

事故車は廃車にする前に買取査定にだしてみよう!

 

1:事故車は売ることが出来る

 

大切な愛車が事故車になってしまうと、もう売ることが出来ないと思っている方が多いかもしれませんが、今は事故車でも買い取ってくれる業者があります。

 

 

 

事故車を廃車にするとなると、手続きをしたり廃車にする費用を支払ったりとマイナスがことが多いですが、もしその事故車を買い取ってもらうことが出来たとしたらどうでしょうか。

 

 

 

買取をしてもらえば、諸々の手続きは買い取り業者が代行してくれますので面倒な手間が省けます。さらに、買い取ってもらうということはどれだけの金額になるかはわかりませんが、とにかく事故車がお金に変わるのは間違いありません。

 

 

 

ですから、事故車=廃車とすぐに決め付けずに、まずは売れるかどうかを考えてみるのがおすすめです。

 

2:事故車の定義は?

 

事故車と一言で言っても、いろいろな状態の車があります。たとえば単独でどこかへぶつけたりこすったりしたのを修理しただけでも修復歴が残れば事故車といわれます。

 

 

 

その他、本当に車同士の事故を起こして修理した場合や、パーツを交換した場合でも、人によっては事故車とみなされます。ただ、中古車査定協会による事故車の定義は、修復歴がある車のみです。

 

事故車は廃車にする前に買取査定にだしてみよう!

 

ですから、修復歴がない車は事故車と考える必要はありません。また、修復歴がある車や完全に壊れてしまって動かない車、水没した車、火災にあった車などいろいろな状態の車があると思いますが、どんな状態であっても絶対に買取してもらえないということはありません。

 

 

 

車の買取業者はもし動かない車だったとしても、買い取ってパーツや部品を利用するという場合もあります。

 

3:査定額を見て修理か買取かを判断するのがおすすめ

 

さすがにこんな事故車では値段はつかないだろうと思うような状態でも、査定に出してみたら値段がついたということは良くあります。

 

 

 

その事故車を買い取るかどうかの判断はあくまでその業者によって違いますので、自分で買い取ってもらえないと判断するのではなく、実際に業者に査定を依頼してみて、判断は業者側にゆだねるべきです。

 

4:事故車の査定は簡単

 

事故車を買い取ってもらう為の査定は決して特別なことではありません。普通に中古車を買い取ってもらうのと同じで、査定業者に査定を依頼して、実際に車を見てもらうだけです。

 

 

 

車の査定をしてもらうのは基本的にお金がかかりませんので、事故車の査定をしてもらって仮に金額がつかなかったとしても、何も損をすることはないのです。