事故車を処分するならオークション業者よりも買取専門業者に見積もりを

事故車を処分するならオークション業者よりも買取専門業者に見積もりを

 

オークション業者よりも買取専門業者

 

事故に遭って破損してしまった車、修理代がかなり高額になってしまう車はかつてほとんどがそのまま廃棄されてしまっていましたが、現在は個々のパーツなどに価値を見出し、買い取ってくれる業者が増えてきました。

 

 

 

ディーラーに事故車を持っていって廃車料金を支払って車を処分してもらうよりも、まだ使えるパーツやフレーム部品を買い取ってもらえる事故車買取の専門業者に持っていくほうがお金に換えることができるのです。

 

 

 

さらに最近は事故車のパーツ類を個人のオークションや中古自動車販売業者のオークションを利用して販売するケースも増えており、事故車を買い取ってくれる環境は広がっています。

 

 

 

オークションで事故車そのもの、または残ったパーツ類を販売すると、その車やパーツが欲しい人が存在すればかなり高額で、場合によっては買取専門業者よりも高い値がつく可能性もあるのがメリットですが、やはりオークションならではのデメリットもあります。

 

 

 

買い手がつかなかった場合はなかなか現金化できなかったり、パーツをばらしたり、それを保管する代金や労力、またオークション業者に依頼しても結構な額の手数料を取られたりするというデメリットもあるということを頭に入れておかなければいけません。

 

買い手がつかないリスクがあるオークションよりも、事故車買取専門業者のほうが確実

 

オークションで中古車や事故車の売り買いをしている業者の場合、事故車本体丸ごとはもちろんのこと、細かいパーツ類やフレームなどの売買も幅広く行っており、日本国内だけではなく世界中の買い手と繋がっているため、個人オークションで売買するよりも高確率で買い手がつき、個人オークションよりも高値で取引ができるでしょう。

 

 

 

しかしながらこの業者間オークションは個人で参加することができないため、出品代行業者への手数料がかかってしまうということと、良い買い手に恵まれなかった場合、高い出品手数料を払ったのに、かなり少ない買い取り価格になってしまうという可能性もあるのです。

 

事故車を処分するならオークション業者よりも買取専門業者に見積もりを

 

また、一度オークションに出品してしまえば手数料が発生してしまうため、簡単に買取をやめることができず、結局業者の言い値で買い取られてしまうため、相見積もりを取って金額を比べることも難しくなります。

 

 

 

専門業者であればネット上で複数の会社の一括査定をしたり、無料の出張査定をしてもらいより高い金額で買い取ってもらえるところを選ぶことも可能です。

 

 

 

事故車をなるべく高く安心に買い取ってもらうのであれば、複数の事故車買取の専門業者に査定をしてもらうことがおすすめです。