自走できない故障車は事故車買取専門業者に見積もりを。

自走できない故障車は事故車買取専門業者に見積もりを。

 

自走できない故障車

 

交通事故によって大きなダメージを追ってしまった車や水没などにより走れなくなってしまった車、また空き地などに長年放置しっぱなしで倉庫代わりに使われていた車など、自走が不可能な車を処分しようとする場合、廃車にしてしまう前に事故車買い取り専門業者に相談することをおすすめします。

 

 

 

自走できなくなった事故車や故障車、放置車はも一般的には廃車にする、または自動車解体業者に持っていってスクラップにしてもらうと考える人がほとんどでしょう。

 

 

 

しかし車を廃車にするだけではなく、そのためには車をレッカー移動してもらう必要があり、その費用だけでもディーラーなどが対応すると平均2万円から3万円ほど必要になり、廃車手数料に上積みされてしまいます。

 

 

 

また自動車解体業者に廃車の手続きをしても、スクラップ代として普通車であれば2万円、軽自動車であれば8,000円程度のお金がもらえる場合がありますが、レッカー移動してもらうその代金で消えてしまうため、結局はマイナスになってしまいます。

 

自走できない故障車は事故車買取専門業者に見積もりを。

 

そのためレッカー代だけでも浮かすために持込をする人もいますが、その労力や手間を考えるとあまりおすすめできません。

 

 

 

このように自走できない車を廃車にするには手間と費用がかかるため、よく空き地や山林などで動かなくなりさび付いた車などが放置されており問題となってい
ます。

 

 

 

しかし事故車買取を専門に行っている業者であれば自走が不可能になった事故車、水没車、放置車など、どんなに悪条件な車であっても引き取り拒否をせず査定、買取を行ってくれるのです。

 

多くの事故車買取専門業は見積もり査定が無料

 

自動車ディーラーは事故車をもう利用価値のない車として扱うため、レッカーや廃車手数料などで高くついてしまい、自動車解体業者は車を鉄資源として扱うため、少しの金額でしか引取りをしてくれません。

 

 

 

しかし事故車買い取り業者は、事故で動かなくなった車やさび付いて古くなった車を査定し、海外などで修理して使える需要のある車なのか、使えるパーツはどのくらいあるのかなどを査定し買い取ってくれるため、ほぼ全てのケースで買い取り価格がつきます。

 

 

 

直接事故車買取業者に出張査定してもらうことも可能ですし、ネットで複数の業者に一括査定を申し込むことできるため、相見積もりが取りやすくより高い金額で買い取ってくれるところを探すこともできます。

 

 

 

自走できないような車でも海外で修理され中古車として再び日の目を見たり、修理用のパーツとして国外に流通させるため、廃車にしてしまうよりもお得になることは間違いありません。