事故車買取専門「タウ」のメリット・デメリット

タウの会社概要

 

運営会社名 株式会社タウ
所在地

〒330-6010
埼玉県さいたま市中央区新都心11-2 LAタワー11F

設立 1996年
公式サイト >>>「タウ」公式サイトはこちら

 

 

タウの特徴・メリット・デメリット

 

タウの事故車買取シェアは業界No.1

 

楽天リサーチの調べによると、
タウは事故車の買取シェアではNo.1を取っているとのことです。
年間で5,000万台以上を買取していて、平均買取額は27万円になるそうです。

 

 

この実績の高さから事故車の買取では、特におススメできる買取業者と言えます。

 

事故車の他に水没してしまった車でも買取

 

事故車になってしまった車の他に、水没車でも査定の対象になっています。
つまり、タウなら水に浸かって動かなくなってしまった車でも買取してもらえる可能性が高いのです。

 

 

タウは集中豪雨や台風などで水没してしまった車でも買取をするということで、
数多くのメディアでも取り上げられている
という実績もあります。

 

動かない車でも査定額が付くのには理由があります

 

通常の中古車査定では値が付かなくなってしまっても、
タウでは値段がしっかりついてきます。
何故かという一番の理由に、世界100か国以上にわたる
海外流通経路を持っている
ことが挙げられます。

 

 

日本国内では価値が無くなってしまったと判断される車も、
海外ではリユースの資源としてしっかり評価されます。
世界規模では大きな価値があるのです。

 

 

タウは、その重要のある所にピンポイントで
資源が供給できる体制があるため、
動かなくなってしまったような車でもしっかり価値を生み出すことが出来るのです。

 

 

また、タウでは出張査定、レッカー代、名義変更代は
全て無料となっているので、一度査定を依頼してみるのもいいかもしれません。

 

タウのデメリット

 

タウを利用することで、デメリットと言えることは査定額が
一つしかわからないということです。

 

 

つまり、査定額を比較検討したい人にとっては、
ちょっとデメリットと感じてしまう部分です。

 

 

そういう方は査定を比較できる業者さんががおススメです。

 

>>>カービューの事故車買取一括査定

 

カービューに関して詳しくは>>>こちらのページでご紹介しています。